研修プログラム

阪急トラベルサポートでは、添乗員としての資格取得はもちろん、皆さんによりホスピタリティあふれた添乗員となっていただくための各種研修プログラムを設けています。未経験者への研修はもちろん、ステップアップごとにスキルを伸ばしていく研修を実施し、バックアップ体制をとっています。
また、「初めての国内添乗」「初めての海外添乗」に限らず、初めて利用する交通機関やコース等により社内研修や先輩添乗員からレクチャーを受けることもできます。
※旅程管理資格取得費用(全額)、海外座学・実地研修費用は一部自己負担となります。

未経験や旅程管理資格(国内・総合)をお持ちでない方

基礎研修

添乗員の基本的実務について旅程管理資格取得の
研修受講前に必修の研修(※e-ラーニングまたは座学にて受講)

国内または総合旅程管理研修

国内旅程管理:国内添乗業務に必要な資格取得試験
総合旅程管理:国内、海外の添乗業務に必要な資格取得試験
(※各旅程管理研修費用は自己負担)

旅程管理資格をお持ちの方

※経験に応じた研修、待遇等は応相談

国内・海外添乗スタート

社内研修

旅程管理資格取得後、実務について学ぶ。

早期海外添乗デビューコース

※英語力等諸条件あり

まずは国内からのじっくりコース

実地研修

社内研修の内容を確認しながら主任添乗員と共に
お客様の参加する実際のツアーで添乗業務を行う。(1〜2回)

※海外研修実施日まで国内添乗を 行う場合あり。

国内添乗員としてデビュー

バス旅行、JRや航空機、船利用のツアー等難易度を上げ国内旅行全般の添乗へ。

海外座学 & 実地研修

事前に海外添乗に必要な知識を座学にて受講。
座学終了後、講師と共にアジア方面のコースを巡りロールプレイしながら実務を学ぶ。

海外添乗員としてデビュー(国内添乗と併用も可)

アジア方面を皮切りに北米、オセアニア方面等の添乗へ。

ヨーロッパ研修

座学でアジア等の方面とは異なるヨーロッパ添乗の基本を学び、その後
主任添乗員に同行し、お客様の参加する実際のコースでサブ添乗業務を行う。

オールマイティな添乗員へ

主任添乗員として、難易度の高いコースへと徐々にステップアップ。

エントリーする

ページ上部に戻る