Profile

名前: 福本 真璃
所属: 大阪支店
入社: 2020年

バスガイドからツアーコンダクターへ
目標は日本全国をまわること!

よりお客様と長く関わり、色んな場所に訪れたい

高校卒業後、ツアーコンダクターになる前は、バスガイドをしていました。
元々、人前に立つ事があまり得意ではありませんでしたが、旅行に行くのは大好きで、周りからの薦めもありバスガイドになりました。バスガイドを経験していた時にツアーコンダクターさんと一緒に仕事をする事が多く、近くで仕事の様子を見ていました。バスガイドの仕事は主に観光案内で、お客様との関わりはバスに乗っている間になりますが、ツアーコンダクターは1番お客様との関わりが長く、日本全国色々な場所へ行くことができると思い、ツアーコンダクターになりたいと思い転職しました。
バスガイドをしていて、様々な旅行会社のツアーコンダクターと関わる事がありましたが、特に阪急交通社ツアーのツアーコンダクターの方は、お客様思いの方が多く、楽しんで頂くために一生懸命な姿が印象的だったので、阪急トラベルサポートを選びました。

「この旅行のツアーコンダクターがあなたで良かった」
お客様からの何よりも嬉しい言葉

私は、入社から座学の研修を終えてすぐに新型コロナウイルスの影響で約半年間添乗ができない状況でした。そのため、初めて添乗をした日は本当に嬉しくて、添乗できなかった日が長かった分、緊張とプレッシャーが凄かったですが、それよりも添乗できる幸せが勝っていました。
色んな所に行くことができるのが楽しいですし、同じ場所に繰り返し行く度にどんどんお客様にお伝えできる情報が増えていくのも楽しくて、それを喜んでいただけた時は本当に嬉しくて、やりがいとなります。この仕事はとにかくやりがいを感じる事ができるので、続けられるのだと思います。ツアーの最後のお別れの時、お客様からのお礼の言葉で「この旅行のツアーコンダクターがあなたで良かった」と言っていただけることが一番嬉しく、ツアーコンダクターになって良かったと思う瞬間です。

周りの方々に助けられた忘れられない出来事

昼食会場に行く前に立ち寄った公園で、携帯電話を持っていないご年配のお客様が出発時間を過ぎても戻って来られませんでした。公園中を探し、公園スタッフの方にも協力を得て、園内放送もしていただきましたが、それでも見つからず・・・
出発予定時間から30分以上経ってしまったので、もう出発するしかない状況になったとき、トラックに乗ったお客様がバスに戻って来られました。公園の外に行ってしまったお客様を、ご近所の方が偶然見つけて送ってくださいました。他のお客様も、拍手で迎えてくださいました。私も添乗を始めてすぐの時で、慌てていた所を、周りの方々のサポートで救われた出来事でした。絶対に忘れられない1日になりました。

私のストレス解消法

人と話すことや、今は難しいですがカラオケに行くことがストレス解消になります!
ストレスは溜め込むのが一番良くないので、辛くなったらすぐに口に出して話すことにしています。解決はしなくても話すだけで気持ちが楽になります。
ツアーコンダクターの同期に、大好きな主婦の方がいて、いつも会うだけで元気をもらいます。同じ仕事の時は朝から気分が明るくなって、仕事が何倍も楽しくなります!

ツアーコンダクターのやりがい

プライベートで観光地を訪れた時など新しい情報を知ると、誰かに伝えたい!仕事で来たら早くお客様に伝えたい!と思う時があります。ツアーコンダクターの仕事は、朝が早く、夜も遅くなることがあり、辛いこともたくさんありますが、色んな場所に行くことができ、仕事をするだけでも気分転換になります。最後には、お客様の笑顔とお礼の言葉で全て吹っ飛びます!
仕事にやりがいを感じられるので、楽しく仕事をしたい方は良いと思います。
目標は日本全国をまわることです!〔2021年3月掲載〕

一覧へ戻る